→開催中の展覧会

→これまでの展覧会

→年間スケジュール






















平成28年度第T期収蔵品展では、洋画家・宮本三郎(1905-1974)の生涯にわたる画業のうち、
画家を志し上京した頃から従軍画家として作戦記録画を手がけるまでの、活動前半期にあたる青年時代の軌跡をご紹介します。



《(妹・志乃像)》1922年 カンヴァス、油彩
※(内は作品名不詳につき仮題)

 石川県小松市に生まれた宮本は、15歳のとき画家になる夢を抱き、17歳で上京します。川端画学校で藤島武二らに学ぶほか、安井曾太郎に個人的に指導を受けていました。22歳で二科展に初入選を果たし、女性や裸婦、身近な家族を描いた、みずみずしい色彩感覚と巧みなデッサン力に支えられた作品は画壇で注目されるようになっていきます。雑誌の表紙絵や挿絵などの仕事も多く引き受け、多忙な毎日を過ごしていましたが、1938年、33歳で初めての渡欧を果たします。画塾アカデミー・ランソンに通い、ルーヴル美術館で模写に励む日々は、研鑽を積み自らの画業を見つめ直す時間でした。しかし充実した滞在もつかの間、第二次世界大戦勃発とともに帰国を余儀なくされ、戦地に赴き従軍画家として制作を重ねます。戦後になると、作戦記録画を描いたことで厳しい視線を浴びるなど、戦中とは一変した価値観の中で、宮本は新たな画題に取り組むことで画家としての再出発に踏み出します。

終戦という出来事を宮本にとっての一つの転換点ととらえ、本展では1945年までの画業、次の第U期収蔵品展では、戦後から晩年の絢爛な裸婦像に到達するまでをご紹介します。
 
《郊外の町》1939年 板、油彩


《家族席》1934年 カンヴァス、油彩

《赤松と渓流》1935年 カンヴァス、油彩

《青い敷物》1935年 カンヴァス、油彩

 
 15歳から終戦を迎える40歳までの宮本の25年間は、"生涯の師"と呼んだ藤島武二や安井曾太郎との出会いや渡欧体験を通し、多様な技法と表現を貪欲に吸収し、独自の表現を生み出すための素地を築き上げていった時期です。戦争に象徴される激動の時代に直面しながらも、筆一本で立つことをめざし、日々制作を重ねた洋画家の青年期を追いかけます。 


   宮本三郎の青春 ―その戦中までの歩み

   ■会期 
   2016年4月2日(土) 〜 7月24日(日)

   ■開館時間 
   午前10時 〜 午後6時(入館は午後5時30分まで)

   ■休館日 
   毎週月曜日
   7/18(月・祝)、は開館し、7月19日(火)は休館いたします

   ■観覧料
   一般200円(160円)
   大・高生150円(120円)
   65歳以上/中学生100円(80円)
   ※障害者の方は100円(80円)、ただし小・中・高・大学生の障害者は無料。
     介助者(当該障害者1名につき、1名)は無料。証明書をご提示のうえ、お申し出ください。
   ※( )内は20名以上の団体料金
   ※小・中学生は土、日、祝・休日、夏休み期間は無料





(C) SETAGAYA ART MUSEUM All Rights Reserved.
当館ホームページ内に掲載されている全ての画像・テキストの無断転用・転載をお断りします